稼ぐテク

キャスト・黒服は確定申告すべき? 知っておきたい源泉徴収について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お給料をもらうとひかれている「源泉徴収」。キャバクラで働くキャストや黒服は、確定申告をすべきでしょうか?今日はキャバクラで働く人の源泉徴収と、税金に関することについてまとめてみました。

 

源泉徴収とは?

 

働いてお給料をもらうと、そのお給料の金額に応じて「所得税」を国に納めなければいけません。その所得税をあらかじめ雇い元(キャバクラの場合はお店やお店を運営している企業)が、従業員(キャバクラの場合はキャストやマネージャー、黒服など雇われている側)に代わって、お給料から所得税をひき、代わりに国に納めておくシステムを「源泉徴収」と呼びます。

 

源泉徴収の税率計算方法は複雑なので、キャバクラの場合はお給料の10%が源泉徴収としてひかれている場合が多いです。

 

キャバクラで働く人は確定申告すべき?

 

キャバクラを運営している企業が法人で、すでに正社員である黒服やマネージャーで、かつ各社会保険にも加入している場合には、確定申告をしなくても大丈夫。企業側がまとめてその年の所得税などを支払う「年末調整」を行っているからです。

 

一方で、キャバクラで働くキャストは所得を自分で国に申請しなければいけないのでしょうか?答えとしては「所得がある以上は確定申告をすべき」です。所得税の支払いはもちろん、所得金額によっては親御さんや旦那さんの扶養に入っている場合、扶養を外れる手続きを行い自分で国民年金や健康保険料を支払わなければいけません。

 

また、確定申告は所得を国に正確に報告する機会ですので、もしもお店の源泉徴収額が本来払う税金よりも高かった場合、所得税の支払いではなく還付が受けられます。

 

「申告しなくてもばれない」は危険

 

 

「扶養からも外れたくないし、税金も払いたくないから確定申告しない!どうせばれないだろう」と思っている方も多いかもしれませんが…、マイナンバー制度が導入されたことを受けて、国民の収入状況も把握されやすくなりました。もしも申告すべき所得があったのにずっと隠していたら追徴課税を受ける事に。国民年金や健康保険もさかのぼって支払わなければいけなくなる可能性もあります。

 

自分で所得内で働きたいのなら、キャバクラ派遣がおすすめ

 

扶養を抜けたくないという人は扶養内で働く方法があります。それは、キャバクラでの収入を自分でコントロールし、扶養を抜けてしまう金額を稼がなければよいのです。

 

自由出勤で働ける中州のキャバクラ派遣なら、扶養内だけで働きたい人にもおすすめです。親御さんの扶養に入っている学生さんや、旦那さんの扶養に入っている奥様にも人気ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中洲派遣の最大手!
中洲派遣CA(クリアエージェンシー)

TEL 0120-901-535

所在地:福岡市博多区中洲5丁目1-2
宝石のエトウビル7・8階

コメントを残す

*